スロートレーニングについて

トレーニングをする時に、1回1回の動作をどれくらいの速さで取り組んでいるでしょうか?
家でトレーニングする時には、自重トレーニングや簡単な器具を使ったトレーニングを中心に行なっている人が多いと思います。
その時に、回数をこなすことを意識しすぎてしまって「速くやろう!」「スムーズにやろう!」となってしまってはいないでしょうか?
筋トレの回数を早く行うことも効果的ではあるのですが、今回はゆっくりやることも効果があるということをお伝えしていきます。

http://rentallpartyshop.com/

筋肉は紐のような線維がまとまってできています。筋トレを行うことにより、筋繊維に刺激を与えて強く太くしていくのです。
その時に速く回数をこなそうとすると、線維の中の強い筋肉や疲労が少ない元気な筋肉が中心となって頑張ろうとします。
すると、限定された筋肉のみの刺激となってしまい、思っているような成果が出ないことがあります。特にも、体を全体的に絞っていきたいなという場合は、
より多くの筋繊維を稼働させ続けることが大切です。
そこで「ゆっくり」のメリットが生きてきます。ゆっくりと行うことにより、多くの筋繊維が運動に参加します。より多くの筋繊維が働こうとするのでより
筋肉の発達が広まっていくのです。
スクワットなどの筋トレを速く20回行うよりも、ゆっくりと上げ下げを行なって10回やった方が筋肉への効きが良くなるのです。
他にも、ゆっくり行うと丁寧なフォームでやろうと意識できますのでとても身になります。
ぜひ今後のトレーニングで「ゆっくり」を意識してみてくださいね。