筋トレを始めよう 胸トレ編

男子たるもの筋肉を付けたい、と誰しもが子供の頃に憧れたと思います。自分もそうでした。
でも、どこかで何かのきっかけでその夢をあきらめたり挫折したりして筋肉のない男になってしまうのだと思います。

http://www.exobrass.com/

それではやはり悲しいです。男して生まれたからには女性にはない筋肉というものを存分に身につけようじゃないですか。
という事で、今回は服の上からでも筋肉がついてると分かる胸の筋肉、言わゆる大胸筋のトレーニングについてご紹介したいと思います。

大胸筋と聞くと、やはり皆さんが聞いてくるのは、『ベンチプレス何キロ上げれる?』だと思います。これ、筋トレあるあるですよね。
この時、筋トレの経験をもつ自分は、必ずこう言います。『自分はベンチはあまりしません。なぜなら複合関節運動だからです。自分は胸は胸でトレーニング
したいので、単関節運動にあたるダンベルフライを好んでします』と。

複合関節運動とは、その名の通りいろんな部分を動かして行う運動です。その為、ベンチプレスで言えば、胸、肩、三頭筋などにも効いてきます。
メリットとしては、一度にいろんな部位を鍛えられます。デメリットとしては、胸以外にターゲットが分散されてしまいます。
逆に単関節運動は、ひとつの関節のみを動かして行う運動です。ダンベルフライで言えば、胸と腕の間の部分、つまり腕の付け根のみを動かします。

メリットとしては、胸だけにターゲットがしぼれるので大胸筋がより発達しやすいです。デメリットとしては、胸のみにしか効かない事です。

自分は、肩や三頭筋は別の日にトレーニングを設けているので胸は胸だけで行いたいので、ダンベルフライをしています。
もちろん、どちらが良い悪いではないですので、好みにあわせてトレーニングすればよいかと思います。
言いたいのは一言、『男子たるもの筋肉をつけたい』。