ニキビや吹き出物などの肌荒れ

お肌の悩みとして、ニキビや吹き出物などの肌荒れ。http://www.aerotropolis-europe.com/

大人にキビなんて言われ方もしていますが、思春期ニキビとは違って原因はストレスであったり食生活や生活習慣の乱れからきていることも多く、そのためなかなか改善が難しいというのがあります。とくに、女性であればホルモンバランスは崩れやすく生理周期によっても肌の状態もメンタル面の状態も変化してしまうものなので、安定させることが難しいのです。

それから季節によっても、夏は湿気が多く暑いので蒸れたり化粧崩れによる毛穴の詰まりなんかが原因で肌が荒れてしまうこともあります。とくにマスクなんかで密閉した状態だと、それだけでも敏感肌の人には肌荒れの原因になったりします。こうした様々な理由から肌荒れは起きてしまうので、対処がとても難しいのです。

皮膚科に行って塗り薬をもらったり、飲み薬を貰tたり、レーザー治療を受けたりもしたことがありましたが、とくに改善はありませんでした。生活習慣の見直しは健康面でもストレスの対処などが重要になってきます。睡眠を十分にとることや、野菜やビタミンを摂取すること、身体も部屋などの空間も、枕やタオルなどの顔に触れて使う物もいつも清潔に保つことなど。

首元にいぼができていた

最近、ふと鏡を見たときに首のところにポツリとしたものがあり、これは何かと思って調べたら首いぼでした。これまでは顔に関する部分にある悩みでしたが、首の皮膚にもポツリとできていて、あまり目立たないと思うのですが、気になります。このいぼは引っ張ったりすると痛くて、ましてやハサミできれいにするのも危ないようだったので、首元がちょっとブルーです。一つできているだけなのでそれほど気にする必要はないのかもしれませんが、気になってしまいます。

セシュレルの効果を辛口評価!私の口コミやネット上の評判などをご紹介!

このいぼは加齢性のものだと書かれていたので、そんな年齢なのか。。。と考え、そちらの方がショックでした。いろいろ調べてみると、専用のジェルクリームなどがあるようで、気になる部分に塗ることで乾燥させてきれいにすることは可能なようなので試してみようと考えています。他にも、病院で液体窒素などできれいにしてもらえる方法もあるようなので、きれいにしようと思えば方法はあると安心しました。

専用のジェルクリームを使うと時間はかかるようですが、リーズナブルに対処でき、保湿効果もあるので、ケアしてみてからと考えています。乾燥するとよくないようなので、今度はお顔にしているケアを首元にもしてみることが大切ということだと思った次第です。

ノーメイクだと顔色が悪い

マスクをするようになってからメイクをすることがなくなったのですが、メイクをしないことで顔色が悪いなという印象が感じていて写真を撮影しても顔色がいいとは思えないです。

http://www.seopmallorca2018.com/

そこで画像編集ソフトを利用して顔色を補正するということをしているのですが、もっといい画像編集する方法がないのかなと思うのです。

例えば画像編集ソフトで「メイク」「エステティック」というような機能があればメイクをしていなくても画像上でメイクをするということもできるし自然なメイクができればマスクをしていてもきれいに撮影するということも可能なのではないかなと思ったのですが、なかなか難しいのかなともいます。

逆に使いこなせるようになればオンライン会議でもメイクをしていなくても画像上でメイクをしていれば問題はないのかなと思うのし、編集ソフト上のメイクがきっかけで実際のメイクも変えるきっかけになるかなと思うのでイメージチェンジにもなるだろうなと思うのです。

今は外出時のマスクでメイクをしなくなったけど、その間に新しいメイクにチャレンジするという意味で編集ソフトを活用したいなと思い、どんなソフトを使ったらいいのかというところから探しているところです。

20歳代後半、シミで焦る

27歳からシミが出てきて焦っています。
昔は肌トラブルは乾燥肌程度だったのに、シミはどうすればいいのかわかりません。
若い頃の私はシミなんてできるとも一寸たりとも思っておらず、もし昔の自分に会えるなら今すぐにでも「シミ予防してくれー!」と言ってやりたいです。

ハクアージュ

乾燥肌ならいろいろ改善のためになるものは想像できます。パックをしてみたり、美容液を奮発して使ってみたりと保湿すれば治るという考えが頭の中にはあります。
でもシミはどうでしょう。レーザー治療しか思いつきません。薬用のシミを消すクリームもありますが、試したこともないのにいうのもあれですがイマイチ信用にかけます。
化粧水、美容液もシミを薄くするという売り文句など書いてありますが、本当かなあと思ってしまいます。
シミ予防の話なら、よく聞くし多少信用できるのですがやはりシミを消すとなってくるとレーザー治療しかないのかなあと思います。

とにかくこれからはシミを増やすのを止めるため、予防に努めていきたいと思います。消したいのは山々なのですが。
予防に効く食べ物の成分として、ビタミンC、ビタミンE、食物繊維など3つが良いみたいです。フルーツいっぱい摂取する生活にしていきたいです。
若い頃からもちゃんと予防しておくべきだった。

インナーケアが大事!ひどい肌荒れの原因はあの食べ物!

29歳の誕生日を迎える少し前くらいから、ニキビがひどくなり始めました。
その時期は、仕事が忙しかったので、「あー働きすぎかぁ…まぁ、そのうち、治るでしょ」くらいに思っていたのですが、
1ヶ月後には、肌荒れはさらに酷くなり、普段使っていた化粧水もピリピリしてしまうように…
大人になってのニキビは、なかなか相談しづらくて、友達にも言えずにいました。

セシュレルの効果と口コミ評価!

肌が荒れると、気分も乗らないし、人に合うのも億劫になってしまって。。。

昔からよく年上の人たちに「そのうちお肌の曲がり角がくるわよ!」とは言われていたものの「こんなにヒドイものなの?!」と不安になりました。
それから、色々とインターネットで検索するようになって、たどり着いたのが、「小麦アレルギーで肌が荒れる」というものでした。

「2週間のグルテンフリー生活を試してみて、アレルギー反応がどうか調べる」という方法があったので、私も試してみることに。
1週間を過ぎた頃、それまでは毎日のように出来ていたニキビが、出来なくなったことに気づきました。
「やっぱり、私も小麦アレルギーだったんだ。」

そのことがわかってからは、3ヶ月グルテンフリーの生活を行い、今では肌荒れはかなり改善されました!
このことを通して、肌荒れのケアにはやっぱりインナーケアが大事!ということを身を持って実感しました。
ヒドイ肌荒れに悩んでいる方がいたら、是非、グルテンフリー生活など、インナーケアも試してみてください^_^

大切なお肌のために、秋のスキンケアが最も重要で大切です。

初夏や梅雨さらに夏と日差しが強い季節には、日焼け止めなどスキンケアを行います。
梅雨時でも雨天または曇天のため、日焼け対策をしましょう。

春の終わり頃から注意しないと、後々のお肌トラブルの悩みにつながる可能性
があると思います。

http://odb-project.com/

さて、真夏を過ぎ日焼けしたお肌のケアが気になりますし、秋に入ってもお肌のケアは、怠ることはできないです。
夏に受けたたくさん浴びた紫外線は、秋に忍び寄るリスクが大きいのです。
このダメージは、肌の奥に蓄積されるため、要注意です。

真夏が過ぎても、すぐに症状が出ないため、秋になってからの影響が心配です。
もちろん、紫外線対策を十分に行っている場合は、リスクは少ないと思います。
健康な体で、代謝が正常な場合は、お肌のターンオーバーも正常であり、シミの元になるメラニンも排出され、入浴などで除去できます。

ストレスや食事バランスの崩れなどは、この代謝の乱れを招くことがあり、ターンオーバーも乱れることで、シミなどのお肌トラブルの原因になります。
日常からのストレス対策や、バランスを考慮した食事を摂るようにしましょう。
対策は、夏は紫外線対策に重点をおくことです。

お肌の抵抗力は、メラニン生成を抑えることで弱まることがあります。
結果として、逆にお肌のガード機能が崩れるため、美白対策は逆効果を招く可能性があり、使用には要注意です。
美白ケアでターンオーバーを正常化します。

紫外線が弱まる秋が、美白対策の重要な時期で、本格的な美白ケアを感じることができますが、お肌ダメージは紫外線だけではないようです。
気候や環境にも原因があります。
高温多湿な外気及び、過度な冷房などにより刺激を受けたお肌は、ダメージを受けているのです。
つまり、日に当たっていないと思っても、お肌ダメージはあると考えられます。

これらのダメージにより、お肌のターンオーバーが乱れは、シミやくすみが現れることがあります。
対策は、やはり、ターンオーバーを正常に戻すことで、まずは正しい保湿を行います。
また、ピーリングで古い角質の除去を行います。

また、お肌の状態を見極め、適した美白化粧品を選びましょう。
お肌ケアのポイントは、秋に入ったら、日焼けしたお肌の美白ケアを徹底的に行うこと、または、ターンオーバーを正常化することです。

保湿は古い角質の除去、最適の美白化粧品が重要です。

敏感肌と一生を共にする…

昨今の紫外線は毒である論なんて聞いたこともなかった子供の頃は、真っ黒に日焼けしていました。ヴィオテラスCセラム

気がついたら周りからは色白と言われるようになりましたが、蕁麻疹やら湿疹は日常茶飯事でした。

そんなややこしいお肌と付き合ってきましたが、未だに手に負えず皮膚科通いの日々…。世の中の人が鼻炎や結膜炎で苦しむ花粉症も、私は肌荒れで初夏から秋まで苦渋の時期。人一倍敏感肌というよりは、少々の刺激にも耐えられないショボ肌。最近学んだことは何かあれば即撤退!基礎化粧品も何もつけずにいることだけ。

それに加えて、加齢に伴ってもちろんシミやほうれい線も日々出現。息子には同情されたり応援されたり…。お肌の張りでこんなにも年齢が出るものなのかと愕然とする日々。

それでもやっぱり、人生は続いていくんですね。年齢には抗うべきではないですね。こんなにも扱いにくい自分の体質ではありますが、もう持って生まれたモノ。受け入れるしかないですね。ハリウッド的な不自然な若さを追い求めるより、周りに「素敵に年齢重ねてるね」と言われたいなと切実に思います。

個性を大切に!なんて昔からよく言われますが、こんな恵まれない体質も個性と受け入れ(諦め)、日々のトラブルも少しでも前向きに捉えることができるはずと思っています。(完全に達観するにはまだもう少し時間はかかりそうですが…)

インナードライ肌のスキンケア方法

肌トラブルは人によって様々。自分は乾燥肌?それとも脂性肌?と自分の肌質を理解していない人も多いのではないでしょうか。

実は脂性肌だと思っている人の多くがインナードライ肌(混合肌)だそうです。

実際に私も脂性肌だと思っていたのですが、実はインナードライ肌だと気付きました。

ネオちゅらびはだは効果なし?購入して3ヶ月使った私の口コミ評価!

今回はインナードライ肌の人のためのスキンケア方法についてご紹介します。

私が実践しているケアの方法は以下の3点です。

①水を1日1.5?2リットル飲む

②洗顔はシンプルに

③スキンケアの最後には必ず蓋をする

一つずつ詳しく見ていきましょう。

①水を1日1.5?2リットル飲む

人間の体内の多くの割合を水が占めています。つまり肌の潤いを保つには外側から水分をプラスするのに加え、体内の水分量を高める必要があります。

私たちは毎日食事や飲み物から水分を接種してはいますが、純粋な水でないものには利尿作用があったりと、水分補給には効率が悪いのです。

そのため純粋な水を1日に1.5?2リットル飲むことを心掛けましょう。

②洗顔はシンプルに

肌が荒れる原因としてもちろん化粧や汚れが落とし切れていないというのもあると思いますが、実は洗いすぎというのを聞いたことがありますか?

洗顔やスキンケアに使われている成分は基本的に人工のもの。昔からあったものではないということです。

つまり洗顔料での洗いすぎは、本来肌にとって刺激が強すぎるのです。

そのため私の場合は、夜は固形石鹸や低刺激の洗顔料で洗顔をし、朝は水洗顔にするようにしています。

③スキンケアの最後には必ず蓋をする

先ほど水分のお話をしましたが、やはり一般的なスキンケアでの外側からの水分補給も重要です。

私はスキンケアも洗顔同様シンプルであるべきだと思うのですが、最後にしっかりクリームで蓋をするということは欠かさないほうが良いでしょう。

化粧水や乳液でしっかりと肌表面から潤いを与えた後、クリームなどでその水分をなるべく逃さないようにしましょう。

以上がインナードライ肌の肌荒れ解消・防止のためのスキンケア方法になります。

夏に向けて準備しよう!

夏が近づくにつれて恐ろしいのが「紫外線」です。

ネオちゅらびはだの効果と口コミ評価!最安値で購入可能な通販サイトはどこ?

紫外線は「シミ」「そばかす」「しわ」などありとあらゆるものの原因になると言われています。

4月後半から紫外線はどんどん強くなっていくので紫外線対策をしっかりとする必要があります。

今からでもできる最低限の紫外線対策をまとめましたのでご覧ください。

まずは日焼け止め。これは必ず塗りましょう。

紫外線は部屋の中に居ても窓を通して容赦なく侵入してきますので、外出しないからと言って素肌のまま居るのはキケンです。

また日焼け止めはこまめに塗りなおすのが効果的です。

それぞれ日焼け止めの種類によって持続可能時間が異なるのでしっかり確認する必要があります。

外出する際はできるだけ日陰の道を歩き、できれば日傘をさしましょう。

小さいなことからコツコツと、ではないですがこういった小さい努力が必ず実を結びます。

もし日焼けをしてしまった夜は、肌をいたわる気持ちで保湿を必ずしっかりと行います。

できれば美白成分入りのフェイスパックなどがあればより効果的だと思います。

とにかく女性にとって紫外線は老化につながるので、夏前の今の時期から必ず紫外線対策は入念に行いましょう。

夏に美白で綺麗な肌で過ごすためにも継続は力なりです!

人間関係の悩みがニキビに

大学時代に部活での人間関係をきっかけにうつっぽくなったことがあります。今は一人暮らしをしていますが、当時はお金もなく実家で将来のこともよくわからなかったため、人生に投げやりになり、4年生の頃はほぼ引きこもりのような状態でした。

ヴィオテラスCセラムは市販で購入可能?私の口コミと効果を暴露!

元々夜寝るのが遅く、大学時代にはお風呂に入る気にもなれず夜更かしして翌日の昼に起きて日中シャワーを浴び、また夜眠れなくなるという悪循環でした。不規則な生活により更に気持ちもどんどん塞がり、頬や額に大きいニキビがたくさんでき始めました。

生活が不規則でお風呂も入らないでゴールデンタイムを過ごすことで、治るニキビも治らず、長期にわたりそのままになってしまいました。今でこそファンデーションをすれば目立たない程度にはなりましたが、1年?2年ほどそんな状態で過ごしてしまったため、どれだけケアしても消えないだろうという跡が残ってしまいました。

当時は精神的にも辛くどうしようもなかったですが、跡は残したくなかったなと思います。途中で母と新大久保に行った際にニキビに効く韓国のeasydewという化粧水のセットを買ってもらい、それはとてもよく効き、肌にも合っていたので今も通販で注文して買っています。

私の場合、肌や髪はしっかり夜にお風呂に入って汚れを落とし、清潔なタオルを枕に敷いて、規則正しい生活をして、自分に合った化粧水を使うことで改善されることがわかりました。毎日清潔なタオルを枕に敷くというのは案外知られていない改善法なのではないかと思うので、ニキビに悩んでいらっしゃる方にはおすすめしたいです。

くすみがないお肌になあれ

朝起きて顔を洗って、スキンケアをする。ネーヴェクレマ

しばらくして化粧しようかなあと思って鏡をのぞいたら、なんか肌が赤黒い…。これってくすみですよね。

くすみの原因はたくさんあります。スキンケアを軽く済ませていることもその一つ。

適当にパパっと化粧水や乳液塗ってませんか?

手の平でハンドプレスしてお肌に浸透させるだけで全然違ってくるんですよ。

それに紫外線対策ちゃんとしてますか?

えー夏じゃないよ?と油断してるあなた。365日の紫外線対策はくすみ対策に不可欠です。

焼けたって時はすぐにパックしましょう!お肌の熱をクールダウンしてくれますよ。

それに内側からの美容も大事ですよ。

ちゃんと水分とってますか?お水を出来たら2リットル飲みましょう。

余分なモノを排出してお肌に透明感が出ますよ。もちろんビタミンCも大切です。いっぱい果物を食べて肌に栄養を送りましょう!

そして1番のくすみ対策はいっぱい寝る事です。

疲れてると透明感は失われてくすんじゃいますよ。

化粧でごまかせるからってくすみ対策をしてないなら、スッピンを見た時に悲しくなりますよ。くすみのない肌になって、もともとの透明感が出るメイクを引き出す健康的なメイクをしてみましょう。

永遠の悩み「乾燥肌」

私は小さいころはアトピーもちでとにかく痒くて痛くて、皮膚科にずっと通っていました。

食べ物の好き嫌いがなくなったせいか、アトピー自体は緩和されましたが冬になると顔が赤くなりビリビリしたり、真っ赤になるのは治りませんでした。

30代になった今は通年で乾燥とビリビリとで戦っています。

悪評が多い?シロジャムの口コミや評判を徹底調査!真の効果をこっそりレポートします!

少し前までは二ベア一本で夏はツヤツヤだったんですが…

最近は何をやっても効果がすぐにはでないので地道に体を変えていくことにしました。

まずは食べ物とサプリメント。

肌のバリア機能が低下しているためビタミン、ハトムギ、クロレラなど普段の生活から摂取しにくくなったサプリメントに加え、玄米カボチャやブロッコリーなど肌にいい野菜を温野菜にして食べています。玄米は長年の便秘とおさらばできましたし、二の腕のぶつぶつもなくなったので私にはなくてはならないものです。

抗酸化作用やポリフェノールが入っている紅茶などもとるようにしています。

あと、私は肌が白いのでよくこんな乾燥肌でも綺麗と言って頂けるのですが、小さいころからずっと急須で入れたお茶を飲む習慣があるのでそれが成果になっているのかなと思います。洗顔もお茶の石鹸を愛用していましたし。

次に気を付けているのが洗顔です。

昔から泡立てタイプの洗顔で洗っています。やはり毛穴の汚れが取れやすくもっちり洗えるところが気に入っています。

メイク落としの後に石鹸洗顔していますが、お茶石鹸はもう私にはさっぱりしすぎるので今はオリーブオイルでできた「アレッポの石鹸」を愛用しています。

昔は洗った後のべたつき感が嫌だったんですが、大人になってからはオリーブオイルが潤いを与えてくれてかつ皮脂も取ってくれているので乾燥肌の方にはぜひ使って頂きたい一品です。

あとは洗顔後の化粧水ですが化粧水の前にふき取り化粧水やシートのメイク落としでメイク残りを取ってから、大容量の化粧水を沢山つけています。

無香料でも痛いくらい肌の機能が低下しているので保湿はジェルタイプの物を塗ってからクリームタイプで蓋をしています。

ジェルタイプの美容液は崩しても型が戻る形状記憶型の物を使っています。なんだかサラサラ肌になってきました。

肌自体はまだまだ弱っているのですが少しずつ顔のヒリヒリが良くなっていくといいなと地道に続けていきます(^^)

冬は乾燥、夏は汗疱(かんぽう)

私は冬場には乾燥肌に悩まされているのですが、このところ大分良くなってきました。しかし、乾燥と入れ代わるようにこれからの時期に出てくる肌トラブル。それが「汗疱」です。

汗疱(かんぽう)とは、皮膚にできる水泡のようなものです。主に手のひらや指付近、足の表面や指付近にできます。夏に近づくに毎に量が増え、真夏をピークに減っていく汗疱。どうにも気になって皮膚科に聞いてみたところ、汗が皮膚の表面に出てこられず皮の中に留まった状態らしい。だから汗をかく夏場に増えるのか!http://spirituelleangebote.org/

続けて、なぜできるのかハッキリとした原因は分からないと言われてしまいました。ぐぬぬ、ではどうすれば・・・?

汗疱の場合、かゆみが出る場合が多いようですが、私の場合はかゆみはあまりありません。「かゆみがないのなら、様子を見ましょう。」ってな訳で、医者も放置することを選択。以来、毎年汗疱と共生しています(笑)

まあ、ただただ気になるだけですから。あと、汗疱を潰すのが意外と楽しいという部分もあったりして。「プチッ」って良い音たてて潰れると、なんかテンションが上がるという不思議(笑)

潰すのが楽しくて深追いしすぎると皮が剥けて石鹸が染みたり、バイ菌が入りやすくなったりします。菌が入った場合、他の皮膚病にも繋がりますのでご注意を。

ただしこの汗疱、感染する病気ではないので友達にそれっぽい人がいても「移るかも!?」なんて距離をおかないで、いつも通りに接してあげてくださいね。

たるみと毛穴に効く時短ケアを知りたい!

若い頃はニキビが沢山出ていて、ニキビを治すのに色々な皮膚科に行ったり、化粧品を買ったりしていました。

出産後は若い時に広がってしまった毛穴の開きが気になり出し、毛穴にたまる汚れも鏡を見るたびに気になっています。

今まではニキビをなくすスキンケアばかりをしていたので毛穴ケアに関してどうしていいのか分かりません。

肌の急激な衰えを感じたのは出産後で、毛穴の悩み以外にたるみが気になり出しました。

ハダキララを辛口評価!購入して3ヶ月使用した効果と口コミを暴露します!

出産前に撮った写真と比較すると、確実に肌にハリがなくなってきたのが分かります。

特に口元の法令線は深刻で、私の母も若い頃から悩んできたとのことだったので遺伝的なものもあるのかなと思います。

自分にかける時間もお金も子どもが生まれてからは特になくなってしまいました。

そんな中で毛穴ケアやたるみケア対策をすることができずにもう1年半経ってしまっています。

オールインワン化粧品は時短になっていいなと思い、買っていた時期もありましたが、元々脂性肌の私には油分が強かったみたいで肌に塗るとぬるぬるとした感じが出ていました。

使用感が合わなかったので結局やめてしまい、また美容難民になっています。

じかんやお金をあまりかけることなく、毛穴ケアやたるみが改善できるものに巡り会いたいです。

その人なりの肌なら良い

きれいな肌って魅力的ですか?汚いよりきれいな方が良いには良いけど、家事をやってないような苦労を知らないような手は魅力的じゃないと思うんですよね。

http://www.neurocirugia2017barcelona.com/

私は主婦になって家事を毎日こなしているんだけど、冬は手の皮がめくれるほど荒れるし、夏もかさついたりしてすべすべの手肌なんてしばらく見ていない。だけど、自分の手に誇りを持てるよ。

主婦で子育て中なのにいつも手肌がすべすべの女性って逆に魅力がないよ。家事するときは炊事用の手袋が欠かせないのかもしれないし、子育て中でも寝る前のスキンケアを入念にやってるのかもしれない。それでも、生活感が感じられないというか苦労が感じられない手は魅力半減なんです。

若くて独身だったらそれは話は別ですけどね・・・。肌の悩みは色々あると思うんだけど、一生懸命生きていれば肌の悩みはかならず出てきますよ。自分以外の人の世話をしていれば肌荒れなんて当たり前なんです。

その人なりの肌をしていればそれでいいんです。それぞれの生き方の中で出来るだけ肌を大切に出来たらそれでいい。肌を過剰に守る生き方をしていると誰かの役に立てず人望がなくなります。自分のことばかりでは人生がつまらなくなりますよ。

鏡を見るたびに感じる老化現象

30代前半まではほとんど気にならなかったお肌…30代後半になって、ある日突然「あれ?こんな所に小さいシミあった?」とか「ん?なんか頬がたるんできてない?」気付けば鏡を見るたびに年齢を感じるようになりました。気になり始めてからは、シミに良い基礎化粧品を探しあれこれ試して。

http://www.prestigeresortphangan.com/

シミを隠す為にカバー力のあるファンデーションやコンシーラーを試し…ほうれい線付近に微妙にたまったファンデーションを見つけた時は顔のたるみにショックをうけ。毎日鏡を見るたびに気になって仕方がない自分のお肌。もう少しシッカリお手入れしておけばよかったと後悔する毎日です。それでも早いうちに気付いて良かったと思うことにしています。

口コミで、あれがいいらしい!これがいい!と目にすればとにかく試しています。未だコレ!といった商品には出会えていませんが、行動しなければ何も変わらないと思って必死であがいている30後半です。こんな感じなのでほんの少しでも改善がみられるとモチベーションもあがります。

子供が3人いますが、まだまだ若くしていたいので今後も頑張って努力していきます。いつ報われるのか分かりませんが、こんな毎日の過ごし方も悪くないですよね。女性は努力する事で輝けると信じています。

女性が気をつける線は「ほうれい線」だけではない

先日、友人のママ友から聞いてしまったんです。

それは私にとって新しい言葉であり、まさに新語という雰囲気だったのですが、最近の女性たちの間では認知度高いようです。

それは、「ゴルゴ線」と「マリオネットライン」という老化に伴って顔に出てくるシワのことです。

私は、最近肌に元気がなくて、寝不足の時には特にほうれい線が目立つという悩みをママ友にしただけです。

でも、ママ友は、私の顔をしげしげと見て、そして「ゴルゴ線」と「アリオネットライン」という言葉を話し始めたのです。

私がたるんできているのは、頬のほうれい線だけではなかったのです。

目の下も、涙袋とは言えないほどの、大きなたるみがあり、これが漫画「ゴルゴ13」の主人公に似て見えるということで、「ゴルゴ線」というそうです。

そして口角が下がって見える、口元から顎にかけてできる、まるでマリオネットの口に見えるようなシワを「マリオネットライン」というそうなのです。

私は、さすがにマリオネットラインはまだ出ていませんが、それでも最近昔より、ちょっと幸薄い感じに見えるのは、「マリオネットライン」予備軍かもしれません。

確実にゴルゴ線はでき始めているので、このまま放置しておけば、どんどん顔が老けてしまうかもしれません。

忙しかったり、疲れていて、顔のケアも後まわしにしがちな今日この頃ですが、このまま顔に色々なラインができたら本当に困るので、なんとか食らいついてアンチエイジングを頑張らなければいけないと思いました。

年齢とともに増える肌のトラブル 

今40代前半の私。30代前半までは、ニキビや少しくらいのそばかすはあったものの、そこまで不安視することもなく過ごしてきた自分だった。

それが30代後半に出産を経験した頃からだろうか。シミだの治りにくいニキビだの、ニキビが引いていっても跡がきれいに消えていかないだの、肌の再生能力というのか、とにかく元に戻る力が衰えてきたなと強く実感するようになってきて、歳をとったんだなとがっかり。

このまま肌にたくさん模様ができたまま老いていくのかという不安と半ば諦めモードになってきた自分である。鏡で自分の肌を直視するのは嫌になってしまうほど。シミが気になりだしたのは出産後だった。まず片方の目尻に黒い点々が出始める。最初は薄かったのが、だんだん色づいてきたような。

ゆくゆくこれがシミなのだと思い知らされる。二人目を出産したあとにも、今度は反対側の目尻に同じく黒い点々が、それも結構くっきりと分かる濃さで出てきた。旦那から、「なんかついているよ」と真剣に言われたときは本当にショックだった。

生理前に出てくるニキビ。(もうトシだからニキビとは言えないか、吹き出物というべきだろうか。)前は、きれいに跡形もなく消えて治っていったのに、それが今ではなかなか治りくいし、腫れが引いていったなと思っても、芯の部分のようなものは点となって、まるでシミの仲間入りのような状態になって肌に残っている。こうなると化粧のノリも悪くなるのだが。隠すための厚塗り化粧まではしたくないと思うのだった。

毛穴が綺麗になりたい

みなさん毛穴のケアってどうされていますか?

私は思春期からずっと毛穴について悩んでいたんです。

でも若いころはメイクも厚塗りだったりして何とかカバーしていたので、そこまで必死にはなっていませんでした。

その後20歳を超えたころから毛穴が気になりすぎて何とか治そうと必死にはなっていたんですが、やはりそのころはお金がなかったので、スキンケアにお金をかけることが出来なかったんですよね。

なので毛穴に本気で力を入れ始めたのは、20代後半くらいでした。

ですが、1度開いてしまった毛穴を治すというのはなかなか至難の業なんですよね。

まったくもって悩みの原因である毛穴を改善することが出来ません。

今まで毛穴に対してはいろんなことを試してみました。

ツイッターでバズったアイテムはとりあえず一通り試してみましたし、インスタグラムで美容に特化した投稿を行っているインスタグラマーさんの投稿は欠かさずチェックしていて、毛穴に関する紹介があるとその時に使っていたアイテムも毎回買って使ってみました。

美容雑誌も何冊も読み漁ってます。

こんなにも頑張っているのに毛穴って全然キレイになってくれないんですよね。

毛穴ケアは本当に奥が深いです。

混合肌の悩みと改善が見込まれたスキンケア用品

私はおでこと小鼻の肌がオイリーで、頬や鼻の先端は皮が剥けるほど乾燥している、混合肌の持ち主です。それゆえ、化粧する時にしっかり下地を塗っても数時間後が経つとそれが浮いてきて化粧が崩れ、お粉を叩けば鼻先と頬の皮がめくれてが目立つなど、日々メイクのしずらさに悩んでいます。

日々のスキンケアから気を使おうと思い、特に冬は保湿力の高い化粧水と乳液をダブルで使っていましたが、やはりTゾーンのテカリが目立ちました。しかし頬は塗っても塗っても足りないほど乾燥していたため、乾燥している部分だけ3~5回重ねて塗らないと笑うった時に顔が引きつってしまうくらい乾燥していました。

夏は常にTゾーンが脂ぎっていて、ほとんど何も塗らずにすごしていましたが、頬はそれでも乾燥していたため夏でもしっかり保湿するよう心がけなければなりません。ドラッグストアでよく見るスキンケア用品は様々なものを試しましたがどれも合わず、肌の悩みがストレスになっていたこともありました。

ですがある日「キュレル」の「皮脂トラブルケア」の化粧水と保湿ジェルを使い始めました。使って2週間が経つ頃、Tゾーンの肌の油分が落ち着き、乾燥している部分は肌がめくれなくなりました。肌質が明らかに改善したように感じ、初めての体験でとても嬉しく感じました。まだ使って3週間ほどですが、肌の調子が良くなっているように感じます。値段は張りますが、私と同じような悩みを持つ人にはぜひ1度使って欲しいと感じました。