白髪と顔の組み合わせによる悩み

私は現在、30代前半ですが、20代中盤から黒髪の中にも目立つ様に白髪の数が多くなりました。そこに老け顔、自身で言うのもなんだかと思いますが、同年代よりは5歳程高く見られるので、すでにアラフォーの年齢を言われることがあります。

ボタニカルエアカラーフォーム

私のように老け顔×白髪の方へおしゃれを保つためにも感じた対策法を書きたいと思います。白髪については、黒髪に戻すことも出来ませんし、私のように数が多い方は抜くことも非合理的かと思いますので、まずは白髪染めを行うことで対処となるでしょう。あまり染めすぎると禿げるのではないか?と言う方がいるかもしれませんが、そこは遺伝による先天的なものが大半を占めているかと考えます。科学的根拠でこれといったものは見当たらないので、自分の家系の遺伝をよく確かめること、そして髪質、頭皮のよごれまで無いか気をつければ、白髪の悩みは禿げへの優越感へ変えられるのでないかと思います。

次に老け顔ですが、こちらも細かい手入れでの対処となるかと思います。化粧水は定期的にですが、一番注意したいのは、厳しい直射日光への対応です。直射日光を浴びすぎると肌のシワやシミになると言われますが、そのとおりかと思います。サッカー選手はその典型かと思います。

そして、白髪染めをした髪も黒ならば尚更、熱く感じ、シャンプーを頻繁にすることとなり、結果早く色が落ちることになるという悪循環となります。なので、私と同じ悩みを持つ方は夏は天敵です。あえて厳しい環境に飛び込みたいという方を除けば、すでに顔や髪に負担がかかっている私と同志の方は自分のメンテナンスに投資をし、あまり厳しい環境での活動は極力しない様にしましょう。