パーマをかけてもすぐへたる…極度の猫っ毛がつらい

皆さんは、どんな髪質ですか。
毛量が多かったり、癖があったり。
髪の毛の悩みは人それぞれですよね。
中でも猫っ毛といわれる髪質の方もいるでしょう。

育毛剤ニューモ

猫っ毛というのは、
髪の毛が細く、そして柔らかい髪質のこと。

実は私がこの髪質なのですが、
周囲の人からは羨ましがられます。
剛毛だったり広がりやすい髪質と比べると、
猫っ毛は扱いやすくて理想的に見えるようです。

ただこの猫っ毛、意外にも悩みは尽きません。

まず、髪が薄く見えてしまいます。
ハゲて見えるのです。
髪が細いためにボリュームが出にくく、
特に頭頂部が残念なことに…。
頭皮が透けて見えるので、
上から見られるとなんとも寂しい状態に。
前下がりボブに憧れてしてみても、
髪が顔の輪郭に貼りつくので
顔と一体化してただの丸になってしまいました。

そして2つ目に、
ボリュームを出そうとしてパーマを当てても、
全くかかりません。
柔らかすぎてすぐカールがへたるのです。
私もしょっちゅうパーマを当てていましたが、
当てた次の日には直毛に戻っています。
1万円弱のお金を注ぎ込んで
残ったのは微妙に痛んだ毛先のみ、
という悲しい結果になってしまいました。

そこで、猫っ毛の扱い方についてご紹介したいと思います。

①シャンプーやトリートメントはボリューム出す用を選ぶ。
つい毛先のダメージを補修したくて、
こってりとした潤いを与えてくれそうな物を選びがちですが、
猫っ毛の人はとにかく
「ボリュームを出す」とか
「髪にコシを与える」などと
記載された物を使用するのがおすすめ。
オイルなども避けた方が良いです。

②ドライヤーはとにかく下から上へ!
髪を乾かす時は、
ドライヤーを下から煽るように当てるのがコツ。
根本をグッと持ち上げて、
頭皮から髪を剥がすようなイメージで
風を当てるのがポイントです。
それだけでも根本がフワッと立ち上がり、
ボリューム感が出せます。

いかがでしたか。
どんな髪質にも悩みはありますよね。
猫っ毛だからエアリーな髪型は無理…
と諦めてしまう前に、
適した扱い方、お手入れ方法を取り入れて、
気に入ったヘアスタイルを手に入れましょう!