ウィンナーコーヒーが飲みたい。

ときどき飲みたくなる飲み物がウィンナーコーヒーです。
とても甘いコーヒーのため、好き嫌いが分かれる飲み物かもしれませんが、このウィンナーコーヒーについて書いてみたいと思います。

ウィンナーコーヒーの特徴は、苦味の利いたホットコーヒーの上に、たっぷりの生クリームが乗った、最初が甘く、あとから苦味が追いかけてくるコーヒーです。
見た目にも、これは普通のコーヒーとは違うと一目で分かるものです。甘くてコーヒーと名が付いているコーヒー牛乳などとはまったく別の飲み物です。コーヒー牛乳はコーヒー牛乳で美味しい飲み物ですね。ウィンナーコーヒーの発祥はオーストリアだそうでコーヒーの飲み方の一つなのだそうです。

シロジャムを使った私の口コミが衝撃的?効果を引き出すための3つのポイントとガチの評価をお届け!

ウィンナとは「ウィーン風の」を意味していて、生クリームをコーヒーに浮かべたものを日本ではウィンナーコーヒーといいますが、ウィーン風を意味している、名前の由来ともなったオーストリアの首都ウィーンでは、ウィンナーコーヒーというコーヒーは存在していないのだそうです。

でも、それに近い飲み物はあって、「アインシュペンナー」という飲み物が、ウィンナーコーヒーに近い飲み物なのだそうです。やはりこれも生クリームをたっぷりと、濃く入れたコーヒーの上に浮かべたものだそうです。温めたカップに最初にザラメ糖を入れ、飲んだあとにザラメ糖の食感も楽しめるのだそうです。アインシュペンナーの意味は1頭立ての馬車という意味だそうです。ウィンナーコーヒーと同様の作り方をします。

では、名前の由来となったウィーンの人々は、どんなものを好んで飲んでいるのでしょうか?それは、「メランジェ」という、エスプレッソに温かいミルクを加え、ミルクの泡を乗せた飲み物を、よく好んで飲んでいるそうです。オーストリアでは同じコーヒーでも入れ方によって名前が違うそうで、普通にミルクを入れたものを「フェアレンゲルター」、温かいミルクを多めに入れたものを「ミルヒカフェー」と言うのだそうです。
生クリームたっぷりで美味しい、ウィンナーコーヒー。とても甘くて私は好きなのですが、由来となったウィーンにはなく、入れ方によって、その呼び名も違うというところに驚きました。