おまとめローンは金利が低くならないケースが多い!早めの借り換えが意外に重要!

おまとめローンは、借入先の一本化や金利の見直しによる総返済額の減少といったメリットがあると宣伝されています。しかし、おまとめローンで期待できる金利の見直し効果はそれほど大きなものではなく、むしろ金利が高くなるリスクもあります。そもそもおまとめローンに至っているということは多重債務状態と見なされる可能性があります。

http://childrenofpeaceuganda.com/

特に金利が低い銀行ローンなどは、貸倒リスクが生じるため審査通過が厳しくなります。また、消費者金融などの貸金業者においても貸倒リスクの高い契約者に対してはリスク回避のため、利息制限法の上限金利を適用するケースも少なくはありません。

結果、おまとめローンを利用した結果、本来18%だった年利が20%になってしまうこともあり得ます。一方、おまとめローンでの見直しよりも効果的なのが、定期的な借り換えです。借り換え自体は目的別ローンによる計画返済ということもあり、金利見直し効果が期待できます。

また、借り換えの対象を限定できるため、金利の高いローンだけを借り換えるということも可能であり、むやみに総返済額を増加させることもありません。借り換えローンならタイミングさえ間違わなければ多重債務状態と見なされることも回避できる可能性もあるため、早め早めの対応でローンによる負担を軽減しましょう。