隔世遺伝という名の定め

私の家族はみんなハゲている。隔世遺伝もあるから「大丈夫!」と励ましてくれる方もいるが、親父そして親戚のおじさんさらには両祖父がみなはげている
私自身もまだ二十代前半ではあるが、V字が広がっていておでこが広くなってきたのが自分でも感じている。さらには抜け毛が増えている。

ニューモ育毛剤はどの通販が最安値?私の口コミと効果を辛口評価で紹介!

そのコンプレックスを煽るような広告にさらされている。特にコロナ期間は多くYoutubeのコンプレックスを煽る動画がうざくYoutubeを見るのをやめたほどだ。このコンプレックスのために多額のお金と大きなストレスを感じる日々であった。。これは不公平である。そのことにお金を多額払うのは不公平である。はげているのは一種の病気であるため医療行為として保険が適応されるべきであると思う。いくつになってもふさふさの人が妬ましい。お金をかけずにその容姿を手に入れている。

髪がないだけで不潔にも見えるのでそのことで差が生まれてさらに多額のお金を払う。調べてみたところ「 薄毛が気になりだしたのは何歳からですか?」という質問をしたところ、『30歳~39歳(38%)』が最も多く、ついで『20歳~29歳(35%)』、『40歳~(24%)』となりました。中には『~19歳(3%)』という方も。

多くの方が、20~30代という比較的若い時期から、薄毛に悩んでいるようです。これはよくないですし国民の悩みであると思います。
文化的で最低限度の生活を送るために法を改めて欲しいです。