時を巻き戻して。お肌のアンチエイジング

今の職場に就職する前に務めていた職場での休憩時間での事です。
男性は男性同士、女性は女性同士で話をしていました。
私は男性同士の話を聞いていましたが、「アンチエイジング」という言葉が引っ掛かり、なにげなく、耳を傾けました。すると、こんな会話が繰り広げられていました。

ヴィオテラスCセラム

「私が昨日、見た雑誌にアンチエイジングの事が載っていてね」と1人が言ったのを皮切りに、「あの雑誌じゃない?」と話が盛り上がっていました。アンチエイジングが、歳とともに進んでしまう老化を制御して遅らせることだという事は、私も知っていました。話の口火を切った、その人が続けます。「アンチエイジングにいいのが料理に使う油だけど、効果的な油と、そうじゃない油があるみたい」と話していました。

アンチエイジングには、運動や乳液や化粧水などがよいのかと思っていましたが油にも効果があるのですね。その人が言うには、普段の料理に使う油で効果的なものは、青魚の脂、オリーブオイルにアボガド油、スーパーにも普通に売っていそうな、ごま油とキャノーラ油がよく、なぜかと言うと他の油に比べ、体の中で油が燃焼しやすい事、油が酸化しにくく、それらの油成分に抗酸化作用があるために血液サラサラや体の脂肪の燃焼、善玉コレステロール値を上げてホルモンバランスを整えたりもしてくれるそうです。では逆に、効果的とは言えない、摂るのを避けた方がいい油は、バターがないときに代用としてよく使われるマーガリンと、クッキーやケーキなど、お菓子に使われるショートニング油がアンチエイジングにとって「2大大敵と言われる油」で、なぜ、そう言われるかと言うと、体の細胞が酸化されやすくなり、体の老化を促進させてしまう危険があるから避けた方がいい油だそうです。

ここまでひどくはないものの、サラダ油もなるべくなら避けた方がいいと、その人は言っていました。
これは女性同士の会話でしたが何も、女性だけが気になる話ではないですね。最近、体型が気になってきた私も気にしておきたい、お話でした。アンチエイジングを行う事は女性だけのものではなく、男性のものでもあると、最近アンチエイジングのニュースを見て実感しました。
とても役立つ、いい話を聞けたと、女性スタッフに感謝しました。