貧乳な私の長年の豊胸願望

高校生くらいになって、やはり私は貧乳であると気づいてからは、周りの友達が羨ましくて、噂できく、豊胸に良いとされることをよく試していました。
揉むと大きくなる、というからなるべく揉むようにしたり、大豆はイソフラボンという女性ホルモンに似た働きをするものがあるから良いと聞けば、大豆製品を毎日食べたりしました。

モテアンジュは効果なし?3ヶ月飲んだ私の口コミと評価をご紹介!

その他にも、嘘でしょう、と思うようなものも、とりあえずはしばらくは試してみようと頑張りました。
しかし、何も変化なく、段々と豊胸への執着は薄れていきました。
大学に入り、彼氏が出来るとやはりまた、貧乳コンプレックスが現れました。そんな時に、料理教室で知り合った女性に勧められて、豊胸に効果のあるという高価な矯正下着を知りました。

その頃は、親に生活費を出してもらっていたのでバイトして貯めたお金は自由でした。それで、ついつい、買ってしまいました。
もちろん、そんな矯正下着で胸は大きくならなくて、騙された、と思ったのですがもう遅かったです。
情けない気分と、もう私は貧乳のままで生きていくしかないのだ、と腹をくくりました。

だって、美容外科で豊胸手術をするほどの勇気はさすがにないと、自分でも分かっていたからです、
豊胸願望が、意図せずに現実のものとなったのは、出産後でした。赤ちゃんへ授乳するために、胸はそれまでと比べ物にならないほど膨らんでいました。
その頃は、夢のようでした。今では、また授乳期間が終わり、貧乳に戻りました。
今でも、お風呂場の鏡に映るときは貧乳に悲しくなりますが、豊胸願望はかなり減りました。
主人が、貧乳派で、つくづくよかったと思っています。