15年前の自分に言ってあげたいです。日焼け止めは塗りましょう。

30歳になろうとしている今、シミとニキビ跡に悩んでいます。本当に、15年前の自分に言ってあげたいです。学生時代、運動部に所属し、真っ黒に焼けた先輩にあこがれて私も日焼け止めを塗らずにいつも日焼けをしたいと思っていました。こんがり小麦色が好きで、当時はとてもうれしい気持ちでした。

レナセルクリアセラムの効果

しかし、今、大人になってみると、その時の小麦色の日焼けの代償は大きすぎます。お顔、腕、肩、唇、とにかくいろんな場所がシミだらけになってしまっています。大人になって、しっかり考えてみればシミができるのは当たり前のことなのですが、当時、小麦色の肌にとにかくあこがれた事と、誰も止める大人が居なかった事もあり、こんなに肌に影響があるなんて当時は考えなかったんです。

そしてもう一つの悩みは、ニキビ跡です。もとからニキビができやすい家系なのですが、小麦色の肌にしていた時期、当然思春期なのでニキビもできやすい時期でした。日焼けをすると、ニキビの後も自然と隠れやすかったです。しかし、傷を紫外線で焼いているわけで、大人になって小麦色じゃない肌になってびっくりです。シミと同時に、ニキビ跡もたくさん残っているんです。

こんなお肌になるなんで、学生時代の私の想定にはありませんでした。本当に、15年前の私に言ってあげたいです。そして、現役の中高生にも言ってあげたいです。

こんだり小麦色の肌にはせずに、少しの外出でも日焼け止めを!!